面接官の視点を教えます!面接の会話や態度で気を付けたい9項目

企業側は出来るだけその募集内容に沿った人材を探します。例えばその企業にとっての必要な経験・スキル・資格がある場合は、少々職歴が多くても

「とりあえず呼んでみて面接で判断しよう」

というところも多いと思います。今はどこの業界も人手不足で求職者の方が売り手市場です。

あなたは面接で損をしていませんか?

面接で気を付けること

まずはエントリーや電話などから簡単におさらいし、実際の面接時に注意するポイントを学びましょう!

職歴は「任意」でも必ず書く!ネットでのエントリーで気を付けること

職歴が任意になっているところでは、ちゃんと職歴を入力しましょう。

「任意」といわれると省略したいのは山々ですが、そこを「引っ掛け」として人間性を見ている会社もあります。任意となっていても相手に誠意を伝えることは大切です。

職歴が多かったり、書くようなスキルがなかったりしたとしても、それで落とされたらそれでいいじゃないですか。

「行って落とされる」より、交通費や時間の無駄ではないと思えばいいのです。

電話で気を付けること

面接の電話から「面接」が始まっています。

顔が見えていないことを意識していないと、うっかりボロが出てしまいます。

よくありがちなのが「相手の会社名を忘れてしまった」ことです。

自分で応募しておいて「すみません、どういった会社でしたっけ?」というのは何とも失礼な話です。

面接会場にて

採用する側は出来るだけいい人材を採用したいので「真剣」です。

来場してからすぐにチェックが入ります。

  • 来場した時間
  • 挨拶
  • 態度

等、結構見ていますよ。

面接だけ頑張るのではないのです。

書類に記入しているときに肘をついたり、足を組んだり、映像を見ているときに頬杖をついたりしていませんか。

気が張っているときは、人間こういう動作はしないものです。少しの気の緩みが態度に出ます。

面接で注意したい9項目

色々な方を面接していると、職歴以外で不採用になる方のパターンがあります。

①呼ばれても返事をしない

結構多いですよ。

面接官が声を掛けても返事をせず、椅子からすぅーっと立ち上がるだけの人。

②相手の目を見て話せない、伏し目がち、大人しい

目を見て話せない人はともかくとして、伏し目がちの人ってホントに多いです。

緊張もあるかと思いますが、自信のなさが見て取れます。接客業では特に難しいですね。

③ドレスコード

オフィスカジュアルでもOKという業界の方に多いのですが、面接はスーツで行く方が無難です。

④表情がない

ほどほどに笑顔がないと、どんな仕事でも仕事をする上で心配になります。

能面のような表情では、一緒に働く同僚とうまくコミニュケーションがとれません。

⑤語尾が尻すぼみで会話としておかしい

質問に対し「〇〇だったので…」で会話を終了する人がいますが、会話としては変ですよね。

相手にその後の状況を「悟ってもらう」ような話し方ではなく、最後まできちんと話しましょう。

⑥ハキハキしすぎて言い切り型で終わる

ハキハキしているのはとてもいいことですが、言い切り型で終わってしまうと「これ以上は聞かないで!」という印象を与えます。

ハキハキと柔らかく…がコツですね。

⑦一貫性がない

職歴は物語ります。

色々な業種に鞍替えしている人は、面接官に納得のいく回答をしないと説得力がありません。

よく「スキルアップのため」と体のいい言葉を使う人がいますが、面接官にとっては「生臭い」言葉でもあります。

⑧自分を理解していない

自己評価が高すぎる人に多いです。こういう方は職歴も多いです。

⑨前の会社を辞めた理由が不適切である

ただのわがままだったり、人間関係で前職を退職した人は要注意。

まとめ

面接は「オーデション」です。

職歴やスキルも当然大事ですが、社会人としての資質を見抜くのが「面接」です。

「面接までは行くのに採用されない」という方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2018年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ