こんな上司はイヤだ! 仕事を辞めたくなった職場の上司3つの実例

仕事を辞めたい理由って、人それぞれにありますけれど、多くは人間関係のストレスから辞めようと考えるようです。中でも上司との関係に悩まれる人は少なくありません。では、上司のどんなことが原因で仕事を辞める決心をしたのか、実際にあった3例をご紹介します。

こんな上司はイヤだ! 仕事を辞めたくなった職場の上司3つの実例

熱血過ぎる上司

仕事に真剣に取り組み、時に厳しいけれど後に引くほど嫌味ではない、そんな体育会系ノリな上司は結構人気があります。ですが、明らかにそんなキャラクターを演じ、やり過ぎている感の上司は困りものという声もあります。

上司本人は、活を入れる声掛けのつもりだったろうに、いつの間にかヒステリックな説教になっていたり、仲間意識を深めたいためか、やたらと部下を飲みに連れて行こうとしたりと、悪い意味で熱い上司にうんざりしてしまうようです。

また、やたらと部下の相談に乗りたがる上司もいるようです。それがプライベートにまで及んだ例もあって、いくら悪気はなくても余計なお世話と感じ、仕事を辞めることを考えたのだとか。

この場合、辞める前に上司の上司などに相談することで、本人へ注意をしてもらえたり、あまりに馬が合わないときには、部署換えも検討してもらえることもあります。

仕事を辞めるまでもないけど、熱血過ぎる上司に悩んでいる人は、まずは辞める以外で対応してもらえるかどうかを確認するのも1つの方法ですね。

自分中心・オレオレ上司

いわゆる平社員だったとき、どれだけ仕事ができたかなどを話したがるオレオレ上司も、部下からは敬遠されてトラブルが多いタイプでしょう。

例えば仕事のミスで注意されるまでは良いのですが、話しているうちに上司の経験話になり、昔の上司に酷いことを言われたりしたけれど、自分はそれに比べればマシであるなど、仕事とは関係のない話になっていくことがよくあります。

自慢話もよくしますし、何かにつけ「あの頃は」となるのですが、今の仕事に活かせる参考にできるような話ではないのも問題のようです。

昔のことはよく話したがりますが、今の仕事となると分からないところが多くあるようで、困った上司になるとパソコンの使用もままならないので、資料などをパソコン上で確認してもらおうとしても、当然ちゃんと見ることもできません。

こんなときも、昔の仕事の話を持ち出しては、パソコン中心となった今の仕事のやり方に文句や愚痴をこぼすので、この辺りで効率の悪い仕事をやらされている部下と、意見の食い違いからトラブルになるようです。

根気よく効率の良い仕事について話す部下もいますが、「上司に意見するな!」と突然キレたりすることもあって、ついていけなくなるようです。

陰湿に責めてくるパワハラ上司

いわゆるパワハラ上司は、最も敬遠されて仕事を辞める原因にもなっています。そのタイプにもいくつかあり、人前であろうと構わず、非常に汚い言葉で罵倒するものがよく知られているでしょう。

仕事のことを通り越し、相手の人格否定をするので、言われた人は精神的な病気になって仕事を辞めることが社会問題化したりもしています。逆に何も言わないで無視したり、チームで取り組む仕事に参加させないといった、陰湿なパワハラをする上司もいます。

仕事を任せてもらえませんし、他の人との接触にまで制限されたりすることもあって、陰湿なパワハラも、やはり精神的に追い詰められていきます。

こんな上司との人間関係には、早い段階で見切りをつけて辞めることを考えるのが正しいでしょう。そうでなければ、仕事ができない体調にだってなり得ます。

きちんとした会社に転職するためには、求人・転職サイトの活用もおすすめです。いろいろなコンテンツで、求められているスキルを知ることもできますし、サイトによっては資格サイトの紹介もしているので、仕事に必要な情報を1つのサイトで得られますよ。

有料で求人広告を掲載していますから、あまり面倒なことを好まないブラックサイトを避ける利点もあります。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2019年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ