上司が怖い!転職を考える前に行うべき3つの対処法

入社してすぐに仕事を辞めたくなる理由の中に「上司が怖い」というのがあります。新人とは言え、その人のミスがイコール会社の信用にも繋がりますから、上司が厳しいのは当たり前なところはあります。

ただ、その厳しさは我慢すべきものであるのかどうかは、見極める必要があるでしょう。そんな見極めポイントを3つ後紹介します。

上司が怖い!転職を考える前に行うべき3つの対処法

上司がどんなタイプか観察する

時に声を荒げて怒る上司もいますが、怒られた方は萎縮して恐怖心を持ってしまうこともありますね。そんな上司は嫌だとすぐに辞めてしまうのは簡単ですけど、どの会社に行っても上司は必ずいますし、性格もそれぞれです。

これはある種の対人スキルであるという考えに切り替え、上司をタイプ分けして見極められるようになると、これからに役立つはずですよ。

例えば体育会系の上司ですと、チームを乱す・迷惑を掛けるようなことには厳しいです。そして、口調も荒い感じになる人が多いです。ですが、仕事の場ではないときには、ノリの良い面白い上司の場合もあります。

観察と言うと言葉が悪いかもしれませんが、上司に限らず人を見るときは、一面の評価でその人を判断するには早いと思うのです。職場から離れ、ランチなどの場で仕事以外の話をしてみると、見方も変わってくるかもしれません。

上司が怖いのは何故かを探っていく

上司が怖いと思った時の殆どは、仕事の失敗を注意された・怒られた時ではないかと思います。怒り方・言葉の選び方など、上司に非がある場合もありますけど、まずは何故怒らせたかを考えてみて下さい。

どんな上司でも、初めての失敗に言葉を荒げる人はまずいません。それでなくとも、新人の即退職は社会問題化していて、指導する立場にいる人たちは、仕事上の注意方法について研修しているところもあるくらいです。

あまりに離職率が上がると、それだけでブラック企業だと叩かれる昨今、上司の立場の人たちも気をつけているところがあるということは頭に入れて置いて下さい。

その上で、上司が怖くなるほど怒らせたのは、同じミスを続けたり、言われたことをちゃんとメモしていなかったりといった落度があったからではないでしょうか。新人側の困った行動にそういう例もあるので、自分を省みることは大切です。

注意する点は、人格否定をするような言葉であったり、人を見て怒っていたり、日によって言うことが違うなど、仕事のミスはただのきっかけなだけで、上司の気分で罵声を浴びせているような状態かどうかを冷静に判断して下さい。

会社がブラックでない限り、先輩や場合によっては人事へ相談を持ちかければ、その上司本人に注意がいくこともありますし、部署の異動に応じてくれることもあります。

性格的に合わない場合は退職も

残念ですが、どうしても性格的に合わない人・仕事があることもあります。いくら努力してみても、折り合いがつかない場合は、退職することはやむを得ません。そのまま無理して仕事を続けるのは、お互いにとって有益ではないと思います。

精神的に参って療養が必要になると、仕事どころではならなくなり、再就職も難しくなってしまうこともあるでしょう。それならば、違う方向へ努力をすることをおすすめします。

新しく仕事を探す方法は、ハローワークも良いですけれど、求人サイトも活用してみましょう。時間を気にせず閲覧することができますし、大手の求人サイトの殆どは、求人広告を有料で掲載してますから、企業側も真剣に人を求めています。

また、どんな仕事をすれば良いのかと悩まれるようでしたら、試しに資格サイトを見てはどうでしょうか。事務仕事であっても、あると再就職に有利になる資格もありますよ。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2019年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ