ノルマがキツイ! ディーラーが仕事を辞めたいと思う3つの理由

ディーラーというと車の販売をする人と思いますが、証券為替の売買を行う業者もディーラーと言いますし、特定メーカーと特約している業者もディーラーです。そんなディーラーは、どんな理由で仕事を辞めたいと思うのでしょうか。

ノルマがキツイ! ディーラーが仕事を辞めたいと思う3つの理由

ノルマがキツイ

ディーラの仕事でキツイのは、ノルマの達成であるとよく耳にします。特に車のディーラーのノルマは給料にも関わると聞きます。

給料に関わってくるところの賃金体系は、殆どが基本給プラス歩合です。ノルマが達成できないときの月収は、20万近く違う人もいるのだとか。それだけ違うと、生活にも支障が出てきますから、必死になってストレスにもなりますね。

ただ、中にはブラックなところもあり、基本給自体もそれほど高くないのですが、歩合自体も1つ成約できて何百円くらいで、やりがいを感じられないと言います。

ノルマの達成ができなければ、パワーハラスメントと言ってもいいほどの叱責があり、そうならないために身内や友達に頼みこんで、なんとかノルマを達成する人もいます。

そんな風に頼み込むせいで、友達がいなくなったと話す人もいます。プライベートの人間関係が薄くなると空しさもひどくて、精神的に耐えられなくなり、ディーラーを辞めることになることもあるそうです。

性格が悪くなっていくのを感じて

商品を売り込むために、外へ営業に出る人もいますけれど、それだと効率が悪くノルマの達成も難しいのだそうです。それなりにノルマを達成できる人ですと、店舗でお客様を待つのが効率が良いと言います。

どのディーラーであっても、扱っている商品自体が割りとまとまった金額が動く物です。ですから、欲しい人は必ず店舗へやってくるので、そこでいかに売り込むのかがコツなのだという話です。

ですから、商品の特長などはもちろん、比較してもらうためには他の商品についての知識も必要で、そういう勉強をする努力も欠かしていません。それだけではなく、「今買うのが一番得」だとお客様に思わせるトーク術も必要なのだそうです。

それで売れれば、ノルマを1つこなせたことにもなりますし、歩合が大きいところは次の給料が楽しみにもなると言いますが、反面、でまかせ的なことが口から滑るようにぺらぺらと出てくることに寒気を感じて、自分の嫌な面を知ることにもなるのだとか。

また、やってくるお客様を取り合いになるのもつらいと言います。後輩も先輩も上司もない、とにかく自分のノルマにプラスになれば良い、と必死になるのも辛いそうです。

売上至上主義のブラック

とにかく売上第一なのがディーラーだと言います。ですので、サービス残業は当たり前だし、無給の休日出勤もしなければ、上司からの恫喝は避けられないと言います。

ノルマを達成するための身内も友達もいなければ、自腹を切ることも当然のような空気は耐えがたいところがあり、仕事を続けられなくなり辞める人が多いようです。

そうした人たちでも、また同じ仕事に戻ることもあります。ただ、労働組合がしっかりしているところを選ぶ傾向にあるようです。その方が労働条件が整った環境で仕事ができますし、ブラック企業を避けるにもおすすめです。

他の業種に転職する人も多いのですが、車のディーラーですと経験を生かして損害保険会社へ転職することもあるようです。その時に得た人脈も、上手に利用できるようなので、それなりに成績を出せるのでしょうね。

起業する人も少なくないので、自分で何でもできるようにと経理関係の資格を取得するなど、勉強する時間を作るために仕事を辞めることもあるようです。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2019年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ