長時間労働が当たり前の仕事! プログラマを辞めたい3つの理由

プログラマになりたいという子供がクラスに何人かはいる今、パソコンが身近にある環境ゆえの将来の夢なのでしょう。

ところが実際にプログラマになってみると、思っている以上に辛いことが多く、仕事を辞めていく人も多いようです。

長時間労働が当たり前の仕事! プログラマを辞めたい3つの理由

長時間労働が当たり前でついていけなくなった

プログラマを辞めたい理由として、必ずと言っていいほどあがってくるのが長時間労働がキツイです。長時間労働が当たり前になっている感じで、「このままだと絶対に精神的にも壊れる」と危機感を持って辞める人が多いようです。

IT関連は残業は当たり前、徹夜や泊り込みをしてナンボなんていう人もいるようですが、傍から見ればブラック以外の何者でもありません。ですから、辞めたいと思っても当然のように思えますね。

企業の中には、仮眠できるようにマンションやホテルを用意するところもあると耳にしたことはありますが、自宅に帰っているわけでもないのに、あたかも帰宅して労働時間を守っているように繕うのも、やはりブラックだと言えます。

長時間労働であっても、プログラミングが好きだから苦ではないという人も少なくはないようです。ただ将来的なことを考えたときに、1年の半分近くを長時間労働に費やしていると、異性との出会いもないことに危機感を覚える人もいるようです。

殆ど会社にいるのに給料は低い

これは長時間労働にかかるところもあるのですが、とにかく拘束されている時間が長いのに、それに対する給料はあまりにも低いと感じる人が多いようです。

仮眠は業務中の休憩時間なわけです。なので、その分が給料としてカウントされないのは当たり前としても、それが通勤時間削減のためのようになっているわけですから、どこか腑に落ちない気持ちになりますね。

そこまで仕事をしていても、残業代や休日出勤手当が付かないとなると、いくら好きでしている仕事でもそれも納得ができません。「腑に落ちないことだらけだ」という人もいます。

労働時間や給料面に関しての不満が多いプログラマですが、企業側もその点でブラックになっているところを改善しようという向きはあるようで、給料面では年俸制にするところも徐々に増えつつあるようです。ただ、まだ定着はしていないので、不満は解消されてはいないようです。

日々勉強でついていけない

プログラマの仕事は、IT業界の中でも最先端の知識がなければならない、と言っても過言ではありません。スマートフォンやタブレットに必須なアプリや、銀行などの金融システムなども、プログラマによってプログラミングされ出来上がるものです。

世の中は思っている以上にネットに依存しているところがありますから、使い良さを求められる限り、よりよいシステムになるよう、プログラミングの知識を更新していかなければいけないようです。

ですが、労働時間が長いなどの理由から、それに追いつけないのも現状です。それで限界を感じて、プログラマを辞める人もいるわけです。ただ一つ言えるのは、プログラマの仕事を続けるのであれば、今所属する会社がブラックであれば先はないように思えます。

実際のところ名の通った企業のプログラマは、きちんと決まった時間内で仕事をしていますし、技術に見合うだけの給料を貰っていると思っているプログラマもいるのです。

時間に余裕があれば、プログラマとしての勉強も続けていけるでしょうし、一段上といえるSEとしての活躍もできるようになるはずです。

もしSEとして再就職をと考えるのでしたら、プログラマとしての知識プラス、コミュニケーションやマネージメントのスキルを得ることをおすすめします。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2019年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ