毎日のように仕事を辞めたいと悩む人に3つのアドバイス

人には何事に関しても向き・不向きな物があり、仕事もその例外ではありません。ただ仕事の場合、不向きだったから即辞めるとはできないのが悩みどころです。

その仕事のどんなところが不向きだと感じるかによっても話が違いますから、理由別にアドバイスを送りたいと思います。

毎日のように仕事を辞めたいと悩む人に3つのアドバイス

ブラック企業なら悩んでいる場合ではありません

その仕事に就いて初めて実感することがあるものです。イメージしていた仕事と違ってて、こんなはずではなかったと思うと、その仕事がキツく感じてくる場合もあるでしょう。

先に例外のことを話しますが、残業をしても手当をもらえない、終電で帰るような残業がほぼ毎日ある、まともに休みがないといった理由で仕事がキツく感じ、辞めたいと思っているのなら、迷っている場合ではないと言っておきましょう。

何故なら、そういう会社は間違いなく「ブラック企業」だからです。是非、労働基準法の確認を行ってください。厚生労働省のHPにある、労働基準法のQ&Aが分かりやすいかと思いますが、労働時間や残業時間には一定の基準が設けられていて、それを無視していれば法律違反です。

ブラック企業というのは、労働基準法を無視している企業のことなのです。また、先輩社員や上司からのパワーハラスメントが横行しているようなところも、ブラック企業と言えます。我慢していても、職場環境が変わることはまずありません。

労働条件は良くても向いていると感じない

他人に言わせると、今時、この労働条件で仕事が出来るなら幸せだろう、という仕事であっても、業務内容が不向きだと感じれば、毎日辞めたいと思うほど苦痛に感じるものです。身近な人に良い仕事だねと言われるほど、そう感じない自分がおかしいのか? と悩みます。

別におかしいことではありません。極端な話、先に話したようなブラック企業並みに仕事漬けになるのが向いている人には、その企業での仕事が適職なんです。向き・不向きを感じるのは個人の問題です。

けれど、なんとなく向いていないと感じている程度では、辞めて再就職したとしても、きっとそちらでもまた同じことを思うだけです。ならば、毎日辞めたいと悩むよりも、どんな仕事なら向いているのか、考える方向に持っていってはどうでしょうか。

今の仕事のどんなところが向いていないのか、どんな風になれば向いていると感じるのか、そして今の仕事を自分に向いていると感じられるように変えることは可能なのか。そう考える方が建設的ではないですか?

自分がどんな仕事をしたいのか考える

例えば今の仕事が事務職で、前に作成した書類の変更部分だけを直し、あとは印刷するだけといった仕事もありますから、それなら確かに単調すぎてやりがいもなく不向きだと思っても仕方ありません。でも、レイアウトを変えるともっと見やすい書類になるとしたら、試しに作成して上司に提案してみても良いのではないでしょうか。

そんな書類を作成するスキルはないと言うのなら、それが仕事にやりがいを持つきっかけになります。つまりは、仕事に役立つようなスキルを持てば良いのです。

仕事をしながらでも、勉強できる資格講座などがありますから、仕事にやりがいを感じない・不向きだと思うなら、今は自分にプラスになる勉強をして資格を取得することも考えてみてはどうでしょうか。

資格を取得しても、今の仕事ではたいしてスキルを生かせなかったとしたら、その時に仕事を辞めて再就職先を見つけることを考えても遅くはありません。むしろ、資格を持ってからのほうが、向いている仕事を見つけるには良いかもしれないですね。

仕事辞めたいあなたへ01   仕事辞めたいあなたへ02  

【2019年版】年齢層ごとにオススメの転職エージェントランキング

20代におすすめの転職エージェント 30代におすすめの転職エージェント 40代におすすめの転職エージェント

Top⇒しごすと - 仕事辞めたい357人の絶望から分かる現実と対処法

サブコンテンツ

このページの先頭へ